移住をサポート プライバシーポリシー support

お仕事の情報

長洲町での産業や、町のおもな企業についてご紹介します。

  • 製造ものづくりの町

    長洲町は、造船・サッシなどの製造業を中心としたものづくりの町として発展してきました。いまも労働人口の約3割が製造業にたずさわっています。

    熟練した技術を継承していくため、特に若い世代の雇用と育成に力を入れています。また、積極的な企業誘致をおこない、町全体での企業連携・活性化を目指しています。

  • 農作物・食品おいしさを届ける

    米作りを中心として、ミカン・梨などの果樹園芸、ミニトマト、一寸ソラマメ、オクラなどの小物野菜の栽培をおこなっています。

    特に、甘くておいしい長洲産ミニトマトは熊本県内でも有数の産地で、出荷販売額も年々上昇しています。今後さらに販路を拡大し、全国にミニトマトを届けるため、ミニトマトをつかった新商品の開発を町で応援しています。

  • 金魚の養殖伝統をつなぐ

    金魚養殖は江戸時代に始まったとされる、長い歴史をもつ伝統産業です。

    明治時代、金魚の稚魚の育成に最適な「ミジンコ」が長洲町で豊富に生息していたことから、本格的な養殖がはじまりました。

    今も金魚愛好家にミジンコのニーズはとても高く、研究所や大学と協力して、ミジンコ商品の開発などもおこない、魅力ある金魚養殖業に取り組んでいます。

  • 水産新しいこころみ

    ミネラルを多く含んだ有明海苔は、長洲町の豊富な海産物加工品の代表です。

    「支柱式」という有明海独自の海苔の養殖法を用いており、海に大量に立てられた支柱は長洲町ではおなじみの風景です。

    近年、海苔の加工事業において全国初の異業種参入があり、伝統産業の新たな取り組みがスタートしています。

企業情報長洲町のおもな企業